「わたしと あそんで」(マリー・ホール・エッツ)

「わたしと あそんで」マリー・ホール・エッツ ぶん・え
は、とても静かな絵本です。

 


わたしとあそんで (世界傑作絵本シリーズ)

あさひが のぼって、くさには つゆが ひかりました。
わたしは はらっぱへ あそびに いきました。

ばったが 一ぴき、くさの はに とまって、むちゅうで
あさごはんを たべていました。

「ばったさん、あそびましょ。」わたしが つかまえようとすると、
ばったは ぴょんと とんでいってしまいました。

そのあと、かえる、かめ、りす、かけす、うさぎ、へび、
に、女の子が「あそびましょ。」と捕まえようとすると、みんな逃げていってしまいます。

だあれも だあれも あそんでくれないので、わたしは
ちちくさを とって、たねを ぷっと ふきとばしました。

それから いけの そばの いしに こしかけて、みずすましが
みずに すじを ひくのを みていました。

すると…

わたしが おとを たてずに こしかけていると、ばったが
もどってきて、くさの はに とまりました。

そして、かえる、かめ、りす…みんな女の子のそばにもどってきて、

わたしが そのまま おとを たてずに じっとしていると、だあれも
だあれも もうこわがってにげたりは しませんでした。

中略

ああ わたしは いま、とっても うれしいの。
とびきり うれしいの。

なぜって、みんなが みんなが わたしと あそんでくれるんですもの。

 

絵本全体の色味も、クリーム色の背景に、鉛筆画のような女の子と動物たち、使われている色は、黄色と、ペールオレンジ、そして茶色だけです、

とてもしずかで、とてもしあわせな絵本です。

 

 

 

「わたしとあそんで」マリー・ホール・エッツ 文・絵/ 与田純一 訳 1968年 福音館書店

SNSでもご購読できます。