りすのはなし(ブライアン・ワイルドスミス)

この絵本は、私が小学校の図書室で初めて借りた絵本です。

つまり、生まれて初めて自分で選んだ絵本と言えます。

 

 

なんといっても、この表紙の絵の美しさ。

野生のりすのくらしを描いているのですが、りすたちの(かわいいだけだはない)愛らしさや、背景の色使い、表現が、まるで『宝石箱』のような絵本です。

 

それほどまでに、きれいだと思った絵本を、自分の家の本棚に収められたのは、つい最近のこと。

この絵本を書店で見かけたことが無く、心の片隅にはあったものの…

だったのですが、先日、たまたま近所の図書館で見かけ、早速借りてみたところ、やっぱり、

「綺麗だな~」

と、思い、どうしても欲しくなり…

 

けれど、検索してみても、出版元の、らくだ出版がもう無いのか、それすらもよく分からないのですが、情報がほとんど無く、どうやら“絶版”状態らしいということが…。

 

そこで、やむなく古書を購入いたしました。

家にやってきたのは、1976年発行の第2刷。

表紙カバーはかなり汚れていましたが、中は状態も良く、変わらぬ美しさでした。

 

私は、表紙の絵と、この雪の中のりすの絵が特に好きです。

 

りすのはなし2P

 

ブライアン・ワイルドスミスは、たくさんの絵本を出版している絵本作家ですが、らくだ出版から出版されているものは、どれも現在は古書でしか手に入らないようです。

こんなにきれいな絵本が絶版なのは、本当に残念ですので、またいつか、どこかの出版社から再販させることを願って止みません。

 

 

りすのはなし ブライアン・ワイルドスミス作・絵 らくだ出版 1974年

 

 

 

 

SNSでもご購読できます。