はじめての沖縄旅のこと

沖縄県の那覇市に“金城の石畳”という場所があります。
この場所は、私にとって非常に大切な場所であり、沖縄を訪れたら
必ず立ち寄る場所でもあります。(と言っても、沖縄へはまだ4度
しか行っていませんが)

金城の石畳道(那覇)

私が初めて沖縄に行ったのは2002年の秋。
とにかく、ずっと行きたくて念願叶った沖縄旅でした。
いわゆるツアーには乗っからない、友人との二人旅。
しかも、レンタカーもありません(二人ともペーパードライバーだ
った)ので、高速バスや路線バスを駆使しての旅。

万座毛やビオスの谷、東南植物楽園などを回り、那覇へと戻る

バスを待っていると、タクシーのおじさんに声を掛けられ…

「これが、噂のタクシーのおっちゃんのナンパか!?」

と思いつつも、おっちゃんの口車に乗せられ、
“夕方まで一人6000円(つまり12000円)でどこでも行き放題”と
いう提案プランに乗っかることに…

しかし、これが運命でした。

私たちが行きたかったのは沖縄南部の斎場御嶽と首里城、そして私
は個人的に金城の石畳に行きたかったのですが、地理的なことがよ
く分かっていなかったので、
「さすがに、時間的にむりですよね…」
と消極的に呟くと、
「いやいや、近いから~連れてってあげるよ~」
と、言うわけで、
ここから、タクシーのおっちゃんとの珍道中に。

お昼ご飯もおすすめのところに連れて行ってくれて、一緒に食べま
した。
今は値段とか、変わっているかも知れませんが、当時は
“チャンプルとごはんと味噌汁”の定食が450円!
そしてなぜか、普通に注文して、食べ終わった後に、自分の食べた
メニューの食券を自販機で買う、という謎の制度のお店でした。

ちなみにチャンプルは、ゴーヤとナーベラ(ヘチマ)ともう一つが
ニガナだったかハンダマだったか思い出せないのですが、3種類を
シェアしました。

斎場御嶽と首里城へ行って、最後に金城の石畳道に。

写真をたくさん撮りました。

おかげさまで、初沖縄はとっても楽しい旅でした。

でもこの時は、この旅が自分にとって重要な出来事のきっかけにな
るとは全く思っていませんでした。

そのお話はまた、次の機会に。

…ところで、

この時、万座毛にも行ったのですが(タクシーのおっちゃんに出会
う直前)途中、ヤギとダチョウを一緒に畑で飼ってるところがあって、近
づいたら、たちまち寄ってきて、面白かったのですが、そのまま立
ち去ろうとしたら、

「何もくれんのか~い!」

と、言っているかのような(いえ、絶対言っていたはず)大騒ぎに
なって、もう、逃げるようにその場を離れました。

ヤギさんと、ダチョウさんって、一緒に飼えるんですね…

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*