三びきのやぎのがらがらどん(ノルウェーの昔話)

この絵本の画家マーシャ・ブラウンは、多数の絵本を手掛けていますが、
一作一作、そのお話に合わせた画風を使い分けています。

この「三びきのやぎのがらがらどん」は中でも、もっとも人気のある絵本
ではないかと思います。

三びきのやぎのがらがらどん (世界傑作絵本シリーズ)

むかし、三びきのやぎがいました。なまえは、どれも がらがらどん と
いいました。
あるとき、やまのくさばでふとろうと、やまへのぼっていきました。

その途中、たにがわの橋のしたに、トロルがまちかまえ、がらがらどんたち
を食べようとするのですが、ちいさいのと、二番目のがらがらどんは、

「すこしまてば、もっとおおきいのがやってくる」

と、のがれます。

そして、ついに一番大きいやぎのがらがらどんがやってきます。

おおきいがらがらどん!

強そう!かっこいい!

そして、トロルをこっぱみじんに(!)

三びきはぶじやまへのぼって、ふとりました。

…と、なかなか衝撃的な結末ですが、
子どもたちへの人気は確かなようで、
知り合いの息子さんもとてもお気に入りだそうです。

私は、この絵本は、とても「強い」と感じます。

子供の中の「強さ」「残酷さ」
を解放する力があるように思うのです。

私も含めて、一般的な大人は、きれいな、わかりやすい絵本を好んで
しまいがちですが(それはそれで肯定したいですが)
子どもたちの感性に訴えるものに目を向けないといけないと、時々、
反省(笑)するのです。

 

「三びきのやぎのがらがらどん」ノルウェーの昔話 マーシャ・ブラウン/え せたていじ/やく 福音館書店 1965年刊

SNSでもご購読できます。