銅版画について

 

銅版画をやってみたいと思ったのは、もう10年以上前。

なのに、ようやく始めたのは、ごく最近。

なかなか始められなかったのは、

①教室のある場所が遠い(片道2時間近くかかる)

②何か道具とか大変そう

③未知の世界なので、ちょっと尻込み

そんなこんなで、グズグズしているうちに10年…

しかし、偶然、銅版画を習っておられる方に出会い、その教室が以
前から気になっていたところで、『とても自由な感じで創作出来
る』と、お聞きし、意を決して始めることに。

いざ、始めてみたら、何でもっと早くはじめなかったのかな~?と
思うほど楽しくて、奥深い世界です。

技法も本当にたくさんあって、始めて1年以上たっても、まだ、銅
版画の世界の入り口で、ウロウロしてる感じです。

したがって、言い訳ではないですが、まだ、自分の『作品』と言え
るほどの作品はできてないなぁ…というのが現状です。

ちなみに、私は銅版画技法の中の「メゾチント」という、黒の美し
い版画に憧れていて、入学してからすぐに、先生に、

「メゾチントがしたいです!」

と言いますと、

「え~大変よ~」

と、言われましたが、とりあえず小さなサイズで試みてみたのです
が…

…大変でした。

ベルソーというギザギザのついた、道具で銅板にキズを付けていく
のですが、これが初心者には、本当に大変(初心者でなくても大変
…)で、途中、泣きそうでした(笑)

でも、出来上がりは、そこそこ満足。

或る夜に(銅版画)

どんな絵でも、銅版画にすると、何だか知的でカッコいい感じがす
る。

これが銅版画の魅力のひとつでもあります。

 

 

ちなみにこちらは、

エッチング+ドライポイント+アクアチント

を使用した作品です。

金魚日和(銅版画)

SNSでもご購読できます。