絵本

かいじゅうたちのいるところ(モーリス・センダック)

「かいじゅうたちのいるところ」モーリス・センダック さく

は今なお根強い人気を誇る絵本で、近年映画化もされています。

 


かいじゅうたちのいるところ

 

 

ある、ばん、主人公のマックスは、おおかみのぬいぐるみをきると、いたずらをはじめて、おおあばれ。

おかあさんに寝室にほおりこまれてしまいます。

すると、寝室に木がはえだして、あたりが森やのはらになり、波間からはこばれてきた、舟に乗ってマックスは航海にでます。

 

1しゅうかんすぎ、2しゅうかんすぎ、

ひとつき ふたつき ひがたって、

1ねんと 1にち こうかいすると、

かいじゅうたちのいるところ。

 

かいじゅうたちは、すごいこえでうおーっとほえて、すごいはをがちがちならして、すごいめだまをぎょろぎょろさせて、すごいつめをむきだした。

 

 

けれど、マックスは全く怖がらず、かいじゅうたちをどなりつけると、かいじゅうたちは、おそれいって、マックスをかいじゅうたちの王様にします。

マックスは、かいじゅうたちを思うままにして、いっしょに踊ったり、楽しく過ごすのですが、しばらくすると、きゅうにさびしくなって、

「やさしいだれかさん」

のもとにかえりたくなります。

 

引き留めるかいじゅうたちにさよならして、舟に乗り込み、また、1ねんと1にち航海すると、いつのまにやらじぶんのしんしつに戻っていて、ちゃんとへやには夕ご飯がおいてあり、まだ、ほかほかとあたたかあったのでした。

 

 

 

この絵本には、よく見ると、いくつか仕掛けのようなものがあることに気が付きます。

まず、最初の場面から、だんだん絵の部分が大きくなって、寝室がすっかり森や野原になると、余白がなくなること。

そして、背景の月が、だんだん満ちてきて、最後には、すっかり満月になっていること、です。

余白が無くなっていく事によって、マックスが、現実ではない世界に入り込んでいく感覚を読み手にも感じさせるという効果がありそうです。

背景の月については、いろいろ解釈がありそうですが、一晩の出来事なのに三日月から満月に変わる現象は、「月蝕」しかないので、その、特別な時間の特別な夢だということなのでしょうか。

 

この物語は、実は生きていくうえで、大切なことを教えてくれているのかも?

と思います。

恐ろしいと感じるものに出会ったとき、どう行動するのか?

自分の思うように、行動できるのか?

と。

 

そして、ちゃんと、主人公が、冒険に「行って」、安心できる場所に「帰ってこられる」結末が、この絵本の根強い人気の理由なのではないかと思います。

 

映画版はこちら

かいじゅうたちのいるところ [Blu-ray]

 

 

「かいじゅうたちのいるところ」モーリス・センダック さく じんぐうてるお やく  1975年  冨山房

絵本「ごんぎつね」と「手ぶくろを買いに」

私が長年、敬愛する黒井健先生の絵による、新美南吉氏の名作絵本をご紹介します。

黒井健先生は、私が幼い頃から読んでいた雑誌「詩とメルヘン」と「いちごえほん」でイラストを描かれていて、色鉛筆をぼかす手法で描かれる風景などが、どれもとても美しく、ずっと憧れの存在でした。

 

その後、京都で開講されていた絵本の創作を学ぶ教室で、実際に『先生』と『生徒』という関係になり、いろいろな事を教えていただきました。(私の絵を見ていただければ、技法は全然違いますが、黒井先生の影響がとても大きいことはお気づきになられると思います)

 

「ごんぎつね」と「手ぶくろを買いに」は姉妹のような絵本です。

どちらも、きつねが主人公で、絵本の体裁も同じです。

「ごんぎつね」は秋、「手ぶくろを買いに」は冬(雪)の描写がとても美しくて、眺めているだけで、うっとりとします。

 

ごんぎつね (日本の童話名作選)

子ぎつねの「ごん」は、いたずらで、兵十が漁ったうなぎを川に放してしまいます。その事をとても後悔した「ごん」は、兵十に栗やまつたけを届けたり、つぐないをしようとしますが…

国語の教科書にも掲載されている「ごんぎつね」は、とても悲しい結末なので、物語としては「手ぶくろを買いに」の方が私は好きです。

 

 

手ぶくろを買いに (日本の童話名作選)

おてての冷たい子ぎつねのために、手ぶくろを買ってやりたいお母さんぎつねでしたが、人間がどうしても怖くて、足がすくんでしまい、しかたなく子ぎつねをひとりで街に行かせることにしますが…

坊やが無事戻ってきて、坊やから話をきいたお母さんぎつねの言葉。

「ほんとうに人間はいいものかしら。ほんとうに人間はいいものかしら。」

というのは、作者自身の問いでしょうか。

 

 

 

「ごんぎつね」〈日本の童話名作選〉新美南吉・作 黒井健・絵 偕成社 1986年

「手ぶくろを買いに」〈日本の童話名作選〉新美南吉・作 黒井健・絵 偕成社 1988年

松永禎郎さんの絵本2(かさじぞう・しろふくろうのまんと)

雪景色の美しい絵本を2冊ご紹介します。

 

松谷みよ子さんの文、松永禎郎さんの絵による、昔話「かさじぞう」の絵本。


かさじぞう (ワンダー民話館)

もちろん、よく知られた「かさじぞう」のお話なのですが、おじいさん、おばあさんのあたたかな表情や、じんわりと心に染み込むような雪景色がすばらしくて、知っているお話のはずなのに、思わず泣けてきます。(おじぞうさんたちの顔もまた、かわいいのです)

 

 

松永禎郎さんの雪景色が見られる絵本では、ほかに「しろふくろうのまんと」があります。

しろふくろうのまんと (1980年) (日本のえほん)

友だちとけんかして、ひとりぼっちの、ちよは、はるにれの木で出会ったしろふくろうにマントをかりて姿を消し、友だちの気持ちをきいて、仲直りを決心しますが、姿を消せなくなったしろふくろうがおじさんにねらわれているのを知って、いそいでマントを返しに行きます。

 

雪景色のなかに立つはるにれの木の描写がとても美しいのです。

そして、「かさじぞう」と同じく雪があたたかく感じられます。

 

 

絵本の表紙だけでは、その絵の素晴らしさが十分伝わらないのが残念です。

ぜひ、絵本をお手に取って観ていただきたいです。

 

松永さんには、もっとたくさんの絵本を描いて欲しかったと、心から思います。

 

出来れば、雑誌「詩とメルヘン」に毎号掲載されていた、美しい作品の数々を画集にしていただけたらどんなに嬉しいだろうと思います。

本当に、忘れられて欲しくない画家のおひとりです。

 

「かさじぞう」(ワンダー民話館)松谷みよ子・文 松永禎郎・絵 世界文化社 2005年

「しろふくろうのまんと」高橋健・文 松永禎郎・絵 小峰書店 1980年

 

松永禎郎さんの絵本1(すみれ島・むらさき花だいこん)

 

 

 

 

松永禎郎さんの絵本1(すみれ島・むらさき花だいこん)

 

松永禎郎さんは、私の最も敬愛する画家のひとりです。

松永さんの絵は、雑誌 月刊「詩とメルヘン」では毎月掲載されていて、いつも「こんな絵が描けたら…」と尊敬と憧れを抱いていました。

心の中に染み込むような詩情が、松永さんの作品にはいつも宿っていました。

 

松永さんは絵本も多数手がけられていて、その中で、戦争をテーマにした作品が幾つかあります。

 

今回、ご紹介したいのは「すみれ島」(偕成社)と「むらさき花だいこん」(新日本出版社)

 

すみれ島 (新編・絵本平和のために)

戦時中、毎日のように特攻隊の飛行機が通っていく小学校の子どもたちが兵隊さんたちに贈った、すみれの花束。

いつしか、特攻隊の通った海の島にはいちめんのすみれが咲き、人びとはその島を「すみれ島」と呼ぶようになりました。

 

むらさき花だいこん

中国大陸で負傷した日本兵が、少女からもらった、むらさき色の花だいこんの花。その種を日本に持ち帰った彼は、種をまき、いつしか花だいこんは平和を願う花になりました。

 

 

いずれも、戦争をテーマとしていますが、「すみれの花」「花だいこんの花」を通して、戦争の哀しさや愚かさを静かに伝える絵本です。

そして、松永禎郎さんの静かで美しい、染み入るような絵が、もう、途中で涙なくしては読めません。(読み聞かせは要注意です)

 

本当は、もっともっと評価されて良い画家だと思います。

そして、もっとたくさんの方々に、松永さんの作品を見ていただきたいと願って止みません。

 

松永さんの絵本は、これからも幾つかご紹介したいと思っています。

 

 

「すみれ島」今西佑行・文 松永禎郎・絵 偕成社 1991年

「むらさき花だいこん」大門高子・文 松永禎郎・絵 新日本出版社 1990年

 

松永禎郎さんの絵本2(かさじぞう・しろふくろうのまんと)

りすのはなし(ブライアン・ワイルドスミス)

この絵本は、私が小学校の図書室で初めて借りた絵本です。

つまり、生まれて初めて自分で選んだ絵本と言えます。

 

 

なんといっても、この表紙の絵の美しさ。

野生のりすのくらしを描いているのですが、りすたちの(かわいいだけだはない)愛らしさや、背景の色使い、表現が、まるで『宝石箱』のような絵本です。

 

それほどまでに、きれいだと思った絵本を、自分の家の本棚に収められたのは、つい最近のこと。

この絵本を書店で見かけたことが無く、心の片隅にはあったものの…

だったのですが、先日、たまたま近所の図書館で見かけ、早速借りてみたところ、やっぱり、

「綺麗だな~」

と、思い、どうしても欲しくなり…

 

けれど、検索してみても、出版元の、らくだ出版がもう無いのか、それすらもよく分からないのですが、情報がほとんど無く、どうやら“絶版”状態らしいということが…。

 

そこで、やむなく古書を購入いたしました。

家にやってきたのは、1976年発行の第2刷。

表紙カバーはかなり汚れていましたが、中は状態も良く、変わらぬ美しさでした。

 

私は、表紙の絵と、この雪の中のりすの絵が特に好きです。

 

りすのはなし2P

 

ブライアン・ワイルドスミスは、たくさんの絵本を出版している絵本作家ですが、らくだ出版から出版されているものは、どれも現在は古書でしか手に入らないようです。

こんなにきれいな絵本が絶版なのは、本当に残念ですので、またいつか、どこかの出版社から再販させることを願って止みません。

 

 

りすのはなし ブライアン・ワイルドスミス作・絵 らくだ出版 1974年

 

 

 

 

よるのおと(たむらしげる)

虫の鳴く音

カエルの鳴き声

水の音

フクロウの声

汽車の音

 

「よるのおと」を感じて、

よるの気配や、世界を体感する絵本です。

 

よるのおと

 

夜、ひとり、おじいちゃんの家に向かう少年が

体験する、ほんのひとときの「夜」のなかに、

全てがあるような、

満ち足りた何かがあるような。

 

この絵本の元になったのは、松尾芭蕉の有名な句、

 

「古池や 蛙飛び込む 水の音」

 

 

この絵本は、美しい青を表現するために、通常の印刷で用いられるCMYK

(シアン、マゼンダ、イエロー、ブラック)ではなく、パープル、サファイヤ

ブルー、イエロー、ブラックの特色印刷だそうです。

また、版の作成も、たむらしげるさんが自ら行われていて、

水彩のようなニュアンスは、墨で水彩紙に描いた絵をパソコンに取り込んで組

み合わせているのだそう。

(雑誌「Illustration」 2018年12月号参照)

 

 

特色印刷の手法は、ユリー・シュルヴィッツの絵本「よあけ」やディック・ブ

ルーナの「ミッフィー」(うさこちゃん)にも用いられています。

 

特に、「よあけ」は絵本としても、とてもこの「よるのおと」と

感覚的に近い感じがします。

 

「読み聞かせ」る絵本ではなく、自分でしみじみと感じる絵本。

私は、そんな絵本の楽しみ方、向き合い方が好きです。

 

 

「よるのおと」たむらしげる 偕成社 2017年

 

こちらの絵本もおすすめ

「よあけ」ユリー・シュルヴィッツ 偕成社

 

 

 

絵本「よあけ」

「よあけ」ユリー・シュルヴィッツ作・画 瀬田貞二 訳

は、とても静かで美しい絵本です。

よあけ (世界傑作絵本シリーズ)

おともなく、

しずまりかえって、

さむく しめっている。

みずうみの きのしたに

おじいさんとまごが もうふでねている。

 

そして、しずかにしずかに、よがあけていくのを、

読者は絵本で体感するのです。

 

キャンプが苦手な私でも、ちょっと

この、みずうみで、

よがあけるのを体験したいと思わせてくれます。

 

かえるのとびこむおと。 ひとつ、またひとつ。

とりがなく。どこかでなきかわす。

おじいさんが まごをおこす。

みずをくんで

すこし ひをたく。

もうふをまいて

ボートを おしだす。

みずうみに こぎだす。

 

この絵本は「よあけ」が主役で、

「よあけ」を体感する読者が主役で、

一般的な絵本のプロセスとは違っている気がするけれど、

多くの絵本作家が、好きな絵本、理想の絵本として挙げています。

 

作者のユリー・シュルヴィッツは1935年ポーランド生まれ。

「よあけ」のモチーフは、唐の詩人柳宗元の詩『漁翁』によるそうです。

 

「漁翁」柳宗元

漁翁 夜 西巖に傍いて宿し

暁に淸湘に汲みて 楚竹を然く

煙銷え日出でて 人を見ず

欸乃一聲 山水綠なり

天際を迴看して 中流を下れば

巖上無心に 雲相逐う

 

〈意解〉

年老いた漁師が、夜になると、西岸の大きな岩に舟を寄せて停泊した。

明け方に彼は清らかな湘江に水をくみ、楚の竹を燃やして朝食を作る。

やがてもやが晴れ太陽が昇ると、もはや漁翁の姿は見あたらない。

舟をこぐかけ声がひと声高くひびいて、山も水もあたりはすべて

緑一色に染まっている。

空の果てを遠くふり返りつつ、川の中ほどを下って行くと、

雲が大岩の上空に、無心に追いかけあっているように流れていた。

(公益社団法人 関西吟詩文化協会HP より引用)

 

絵本は、この詩のとおりに展開していきます。

詩とちがっているのは、「まご」が一緒にいるというところですが、

これは、絵本を読む子供たちに親しみを感じさせる工夫かと思います。

 

ちなみに、この絵本は、通常の印刷で使用される4色(シアン・マゼンダ・イエロー・ブラック)ではなく、この絵本のためのインクを使用した、『特色刷り』だそうです。

最後ページの夜明けの瞬間の絵は、本当に色が美しいです。

 

絵本をつくる人は、

「こんな絵本をつくりたい」

と、夢見るような絵本です。

 

 

「よあけ」ユリー・シュルヴィッツ作・画 瀬田貞二 訳 福音館書店  1977年

 

 

 

 

 

 

 

 

おおきな ものの すきな おうさま(安野光雅)

おおきな ものの すきな おうさまは、何でも かんでも 大きなもので

生活をしていらっしゃいます。

おおきなもののすきなおうさま (講談社の創作絵本)

屋根よりもたかいベッドで目覚め、

プールのような せんめんきで かおを洗い、

庭のような広いタオルで顔をふき…

 

百年かかっても食べきれないほど おおきなチョコレートを

毎日お食べになった、おうさまは、案の定、虫歯になり、

おおきな おおきなくぎぬきで、やっとのことで歯を抜きます。

 

もう、とっても不便そうです。

そして、国じゅうの人たちを振り回しているおうさまです。

おバカで かわいらしい おうさまですが、きっと国は平和なのでしょう。

(おおきな おおきな チョコレートは かなり魅力的です)

 

そんなおうさまが、おおきな おおきな植木鉢を作らせました。

 

そのうえきばちに、たった一輪、咲いたちゅーりっぷは…

 

そのちゅーりっぷを見て驚く、おうさまと、

おおきなうえきばちの まんなかに咲くちゅーりっぷが、

とてもなぜだかとてもかわいくて、

私は好きな結末です。

 

安野光雅さんの、やはり緻密な絵が、

「大きなものって大変」

という、説得力があり、安野さんがあとがきで、書かれている、

エジプトの王は、ピラミッドという巨大な墓をつくらせたが、大きな花を咲かせることだけはできなかった。

生命を人間がつくることはできない。

花一つ、虫一つが、かけがえのないものであることを思わねばならぬ。

 

という言葉にとても共感します。

人間の、愚かだけれど可愛らしい感じを描きたかったということが、

伝わってくる絵本です。

 

 

「おおきな ものの すきな おうさま」安野光雅 作・絵 講談社 1976年

 

安野光雅さんの他の作品

「ふしぎなえ」

 

 

 

 

「くうき」まど・みちお 詩 ささめやゆき 絵

まど・みちおさんの「くうき」という詩は、私の大好きな詩のひとつです。

これは、その詩を元に ささめやゆき さんが絵を描かれた絵本です。

くうき 絵本画像

くうき (まど・みちおの絵本)

 

ぼくの 胸の なかに

いま はいって きたのは

いままで ママの 胸の なかに いた くうき

―中略―

きのう 庭の アリの 胸の なかに いた くうきが

いま 妹の 胸の 中に はいっていく

くうきは びっくりぎょうてん しているか?

なんの おなじ くうきが つい このあいだは

南氷洋の

クジラの 胸の なかに いたのだ

 

つづきは、ぜひ、絵本で読んでいただきたいです。

本当に、心が清々しくなる、すてきな詩です。

 

けれど、なかなか絵にするのは難しそうな、この詩を

ささめやゆきさんが、大胆に表現されていて、

また、それが いいな~と思うのです。

 

個人的には、子どもたちへの読み聞かせにも適しているのでは?

と思います。

 

ちなみに、私もこの詩をイラストで描いたことがあります。

それがこちら↓

「くうき」 いしいまゆみ イラスト

 

…いかがでしょう?

 

まど・みちおさんの詩は、童謡でおなじみの「ぞうさん」や「やぎさんゆうびん」などが有名ですが、それ以外の詩もとても素晴らしい詩がたくさんで、読むだけで、心が明るくなりますので、おすすめです。

まど・みちお 詩の本

まど・みちお詩の本―まどさん100歳100詩集
 

 

「くうき」まど・みちお 詩 ささめやゆき 絵 理論社 2011年

 

 

 

 

 

 

せかいでいちばんつよい国

「せかいでいちばんつよい国」

「つよい国」ってなんだろう?

せかいでいちばんつよい国

 

むかし、大きな国が ありました。
大きな国の 人びとは、じぶんたちの くらしほど すてきなものはないと、かたく しんじていました。
この国の へいたいは、たいへん つよくて、たいほうも もっています。
そこで 大きな国の だいとうりょうは、いろんな国へ、せんそうを しにいきました。
「せかいじゅうの 人びとを しあわせにするためだ。われわれが せかいじゅうを せいふくすれば、みんなが われわれと おなじように くらせるのだからな。」

 

こうして、ほかの国は、つぎつぎと征服されていき、たったひとつ、小さな国だけがのこりました。
大きな国は、最後に残った小さな国に攻め入りますが、小さな国は兵隊もおらず、小さな国の人びとは、大きな国の兵隊たちをお客のように手厚くあつかいます。

兵隊たちは、この国の歌や遊び、料理を楽しみ、人びとのしごとを手伝ってすごします。

その様子を見ただいとうりょうは、

「けしからん」

と、兵隊を入れ替えますが、新しく来た兵隊たちも、まったくおなじことになりました。

そして、国にかえった、だいとうりょうは、自分の国の人びとが、みんな、

あの、ちいさな国の料理を食べ、遊びをし、服を着ているのを目にします。

「まあ、いいさ、どれも これも、せんそうで ぶんどってきた ものだからな」

そういった、だいとうりょうが、むすこにせがまれて、歌った歌は、ひとつのこらず、あの小さな国の歌でした。

 

征服されたのは、本当に小さな国の方だったのでしょうか?

それとも?

 

大きな力に対する、別の戦い方。

それをこの絵本は、子どもにも、大人にも分かりやすく説いてくれているのではないでしょうか?

 

「せかいでいちばんつよい国」デビット・マッキ―作 なかがわちひろ訳 光村教育図書 2005年